トップ > 事業内容 > システム受託開発 > 開発事例

開発事例

開発事例1

(1)概要

自動車部品製造業のお客様の基幹システムを再構築。
部品表、工程、かんばんなどの生産系マスターを基幹システムで一元管理するとともに、他システムとも連携し、受注や出荷といった実績情報を基幹システムで収集。
UIを使い慣れたWebブラウザにすることで誰にでも使いやすいシステムとした。

(2)課題
生産系マスターの一元管理
生産計画情報の精度向上
(3)システム構成(構成図)

開発事例

(4)システム構築環境
ibm i (V7R1)
言語:RPGLE、i-web、html、JavaScript
(5)導入効果

マスターや実績情報を基幹システムに一元化することでセキュリティを確保しつつ誰でも正しい情報把握ができるようになった。
極力手作業を廃止することで情報共有や効率アップに繋がった。

開発事例2

(1)概要

バス運賃収受システムでの、非接触ICカードシステム・データ処理機器の制御システムを受託開発。

(2)課題
公共利用の為、安定したシステムの構築が必要。
(3)システム構成(構成図)

開発事例

(4)システム構築環境
Microsoft Windows Vista
Microsoft VisualBasic 2005
Microsoft SQL Server 2005

開発事例3

(1)概要

印刷業のお客様の基幹システムを再構築。
関連会社システム、Webシステムとの連携による受注情報のリアルタイムでの取得をし、 受注情報から生産計画、生産実績、在庫、出荷情報を基幹システムで一元管理を行うことにより、情報の共有化、異常の早期発見の出来るシステムを目指した。

(2)課題
外部システムからの受注情報の取得
関連会社との受注・出荷情報の共有
生産における進捗。負荷および原価のリアルタイム把握
(3)システム構成(構成図)

開発事例

(4)システム構築環境
IBM System i
言語:RPG
(5)導入効果

再構築化にあたり、業務の統廃合・整流化を行ったことにより、業務の効率化が図れた。
工程ごとの進捗・負荷状況の把握による納期遵守率が向上した。
実際原価の詳細把握による原価低減情報の取得ができるようになった。

開発事例4

(1)概要

自動車用機械器具部品製造業のお客様の『プレス鋼材手配システム』を新規構築。
長年の課題であった、在庫管理・発注点管理をシステム化することにより、 従来の紙台帳や、業務担当者の長年の経験と感に依存した業務から、 誰にでもできる業務、誰でもすぐに在庫が把握できるようにすることが目的。
UIを使い慣れたWebブラウザにすることで誰にでも使いやすいシステムとした。

(2)課題
発注点管理の精度向上
棚卸等の他システムへのシステム連携
(3)システム構成(構成図)

開発事例

(4)システム構築環境
ibm i (V5R3)
言語:RPGLE、i-web、html、JavaScript
(5)導入効果

誰にでもできる業務に改善(作業の標準化を実現)
在庫調査工数の大幅な低減(従来は1回の在庫調査で十数分かかっていた)
システムによる在庫・発注点管理による在庫数の低減(システム導入後、半年で約20%低減)